ねずみ屋根裏に棲みつかれたときの適切な攻略法

subpage-img

ねずみ屋根裏を好むのは、巣作りをしやすい環境であるからです。



集団でいても隠れるのに最適で、子育てをするのに安全性が高いからです。

人気なYOMIURI ONLINEに関するご案内です。

薄暗く視野が悪い場所は人間側からしてみると駆除しにくい場所になり、実施できる方法は限られてきます。通り道などに粘着シートや毒餌の設置を行ったり、燻煙剤を使ってねずみ屋根裏から追い出す方法などです。


超音波発生装置も市販されていますが届く範囲が限られているため、正確な巣の位置を把握したり超音波の反射のことを考えると、プロに設置を依頼したほうが確実性が高まります。


無事に駆除が終わっても、死がいの処分に糞や巣の片づけ、侵入口を塞ぐ作業まで行わないと再度ねずみ屋根裏に棲みついてしまうことが考えられますから、適切に対応しましょう。

プロに依頼すると、すべて行ってもらうことができますが、自分で駆除を試みた場合はすべて自分で後始末もする必要があります。

消毒をする必要性もあって、ノミやダニがいたり糞や尿に雑菌の繁殖がみられるからで、しっかり対応しないとアレルギーを発症する危険性もあります。

侵入口は、大きな穴だとは限らず、1.5cm程度の隙間があれば入ることができるので、壁のひび割れや軒下の隙間なども注意が必要です。



対応しなければならないのは、ねずみ屋根裏だけでなく室内に餌になるような食材やお菓子等を、出しっぱなしにせず片づけるようにしたり、巣作りに使われるような雑誌や新聞、ティッシュやトイレットペーパー、布やビニール袋なども整頓しておくようにしましょう。

top